うつと真面目は紙一重  『namatamago|なまたまご』はこちら

うつ病が治った?いよいよ職場復帰か!10分診察で何がわかるの

うつ病が治った?いよいよ職場復帰か!10分診察で何がわかるの

前回までの経緯
初診でうつ病の診断書をもらった時に「長い期間かけて『うつ病』になったので治るまでの期間も長くかかります」そう言われていた。

しかし、通っているうちに本当のうつ病ではないと言われ、「自立支援医療」も認めてもらえず、これ以上の休職診断書は頼めない雰囲気。

わたしの心は初診の時と何も変わっておらず、「どうしていいかわからない」まま5月の中旬を迎えた。

関連記事 【うつ病】休職続行?職場復帰?2回目の診断書はもらえるのか

私のうつ病は治ってるの?いよいよ職場復帰か!

【1回目の診断書】1月7日から2か月間

【2回目の診断書】3月7日から5月末 ←いまここ(5月中旬)

【3回目の診断書】???

関連記事 うつ病で休職したことを後悔!復職の恐怖が増し不安が強くなった

あいかわらず、メンタルクリニックの先生のセリフは…

  1. 着替えて外に出なさい
    (外に出て日にあたって、軽い運動をしなさい)
  2. ちゃんと眠れてるの?
    (連続して8時間は寝なさい)
  3. 食事はとれてるの?
    (食欲はあるのか)
わざわざ着替えて外に出る気にはなれない…。

何が楽しくてひとりで散歩なんて…。

人とすれ違うに決まっているし…。

嫌ですよぉ…。

と、言ったところで、 ↓ ↓ ↓ これを言われたら何も言い返せません。

働かないと生きていけないんでしょ。

それなら、いつでも働けるように運動をしておかないといけないのよ。

関連記事 うつ病で休職したことを後悔!復職の恐怖が増し不安が強くなった

そう言われ続けているので、次の診断書はもらえないかもしれない…。

うつ病 復職 休職

ただ、今の私は「休職」を続けたとしても、何をしていいのか、わからなくて困っている。

それなら「休職を続ける」ことになっても「仕事に行く」ことになっても、どっちにしても、やっぱり不安だ。

先生にきちんと診てもらってから診断して欲しい。

5分や10分の診察で、私が笑顔で答えているだけなのに、正しい診断ができていると思えない…。

私はうつ病なの?どんな状況なの?
  • そもそも「うつ病」なのか

  • もしかして「うつ病」が良くなっているのか

  • むしろ「うつ病」が悪化しているのか

そこからしてわかっていない、というか「うつ病」がピンと来ていない。

そういえば、先生に出してもらっているクスリが効いているかどうかの実感すらない。

【現在処方されているクスリ】

イフェクサーSRカプセル37.5mg

ツムラ83番 抑肝散加陳皮半夏(ヨクカンサンカチンピハンゲ)

モサプリドクエン酸塩錠5mg

ロゼレム錠8mg

これらのクスリ↑↑↑すべてが効いてる実感がなく、よくかわからない。

正直、何も効いてない気がしてならない。

職場復帰する前にうつ病の診察をちゃんとして欲しい

職場復帰 うつ病 診察

「うつ病」ってケガやオデキではないので見て判断できない心の病。

それだけに、自分の状態もよくわからない。

私がわかっていないのに、先生だってわからないのでは…?

ある診察の時に、勇気をだして言った。

先生、わたし、言いたいことがあっても次の患者さんがいると思うとゆっくり話ができないんです。

すると先生の顔つきがキレ気味にかわった。

それは、私がきちんと話を聞いていないということですか?

私はいつもきちんと話を聞いていますよ。

一人最大15分の枠をとってあるので、その時間はあなたの話をきちんと聞く時間です。

言いたいことがあれば、要点をまとめて早めに言ってください。

それ以上の時間をかけて話をしたければ、そう言ってもらえれば需要に答えます。

といいながら、次の診察はクリニックの午前中最後の枠に入れてくれた。

これでゆっくり話を聞いてもらうことができるらしい。

少なくとも私は次の患者さんの心配をせずに、先生と話ができる気がして安心した。

仕事に復帰できるのか、きちんと診断して欲しい

なんと、そこで1時間30分以上も話を聞いてくれたんです。

ほぼ、先生のお昼休みを使って…。

受付の人もお昼に行けてなかったはずです…。

本当に申し訳ない…。

診察では「現在から過去に向かって、そして過去から現在に戻る」そういう流れで私を誘導しつつ、話を聞いてくれました。

職場復帰どころか「しっかりうつ病」だった

うつ病 復職 仕事

先生が私を見ている目はかなりズレていることがわかった。

先生が言うには…

あなたの発信する情報を、私は素直に聞いているだけです。

いつも私は笑顔だし、明るく、テキパキと(診察に時間を取らせないように気を使いつつ)話をしていたので、そのままの私を診ていたそうだ。

ですよね、私がいけませんでした。

私は子供の頃から数えると3回も自殺未遂をしていた。

私の「うつ病が軽い」と思っていたことが、先生のなかで撤回されたらしい。

これでは仕事ができないと思うから、薬を変えましょう。

診断書は7月末にして書いておきます。

そう言って、3回目の7月末までの診断書を書いてくれた。

【変更後のクスリ】

レクサプロ錠10mg

ツムラ83番 抑肝散加陳皮半夏(ヨクカンサンカチンピハンゲ)

ロゼレム錠8mg

ベルソムラ15mg

ルネスタ錠1mg

「復職」も「休職」もどちらにせよ不安だと言っていた自分が、3回目の診断書をもらって、なぜかホッとしていた…。

何より、きちんと私のことを診てくれて、診断してくれたことに一番安心した。

【1回目の診断書】1月7日から2か月間

【2回目の診断書】3月7日から5月末 

【3回目の診断書】5月末から7月末

読んで下さってありがとうございます。
良かったらポチっとしていただけると
はげみになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です