うつと真面目は紙一重  『namatamago|なまたまご』はこちら

【短編】ニーバーの祈り

ニーバーの祈り アドラー アダルトチルドレン

The Serenity Prayer(ニーバーの祈り)


神よ

私に、変えることのできないものを静穏に受け入れる力を与えてください。

変えられるものを変える勇気

そして、変えられないものと変えるべきものを区別する賢さを与えて下さい。

「ニーバーの祈り」Wikipediaより

なになに…ふむふむ。

アメリカの神学者が伝えたものとされる有名な「ニーバーの祈り」はアダルトチルドレンの克服にも使われていたらしい。

ボクとななこは無神論者だよ!

神様は信じないけど、この詩は素敵だね~。

大昔から人間は同じ悩みを持っていたんだね。

変えられないものにこだわらない冷静さ

ニーバーの祈り アドラー 嫌われる勇気

他人の気持ち、行動に対して

昔の人も今の人も悩みは同じ、
自分ではコントロールできない他人の行動を変えようとして悩みます。

また、自分が行動すれば変えられることには、なかなか行動にでられずにいます。

そもそも自分ではどうすることもできないことと、自分で変えられることの区別がはっきりできていません。

「変えられないもの」を、いくら心配してもしかたありません。

それらを冷静に受けとめ、「自分ができること」に気持ちを集中させ、行動すれば。心はおだやかでいられます。

既に起きてしまった出来事に対して

既に起きてしまった出来事を悔んだり、呪ったとしても、過去は変えることはできません。

ただ、頭の中にある過去の出来事のイメージは、変えることができます。

それには、もう一度その時の様子を違う見方で見ることが必要です。
(※例えば、母親に、ひどい仕打ちを受けたのなら、母の生い立に目を向けて、母の気持ちになりきって当時を振り返ってみるなど。)

良い意味でのあきらめが必要

理屈はわかっていても、人に良く思われたい、人に認めてもらいたい、などの承認欲求はなかなか捨てきれるものではありません。

しかし他人と過去はコントロールできない為、他人を変えようとせず、過去に対しては見方を変えましょう。

今、自分ができることを一生懸命する。良い意味でのあきらめが必要です。

あきらめる(明らめる)

明らかにする。明白にする。解明する。 Wiktionary

明らかにしたい人はぜひ嫌われる勇気を読んで下さい。
気持ちが楽になります。
うつ病の人に読んでもらいたい、私のおすすめの本です。

オーディブルなら初めの1冊無料だよ。

スマホでただで1冊丸ごと聴けちゃうの。

ななこもオーディブルで「嫌われる勇気」を聴いてる。

読まなくていいから楽ちんだって!

他に少しでもお得に買う方法があるから興味があれば下の記事を見てね!

矢印

Amazon kindle 本 Book お得に購入Amazonの本をお得に買う方法3つ

読んで下さってありがとうございます。
良かったらポチっとしていただけると
はげみになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です