うつと真面目は紙一重   

うつ病で退職することに…「退職日」までカウントダウン

うつ病で退職することに…「退職日」までのカウントダウン

今の状況
1月8日コロナに感染
1月15日の診察予約をキャンセル
2月11日付けで退職
2月12日退職後、初めての診察←今はここ

うつ病と診断されて休職、1年が経過し、退職日を迎えた。

休職中の記事は「うつ病休職」カテゴリーをご覧ください。

‪退職の準備

うつ病で退職することに…「退職日」までのカウントダウン 不安

会社に置いてあった私物を送ってもらった。

私は、ロッカーの鍵、机の鍵、セキュリティーカード、誓約書を会社へ送った。

上司からメールがきた。内容は私の退職が社内全員に知らされるという…

2月1日になったら、全社宛に社内メールが配信されます。
いろんな人から連絡が入るかもしれません。
一応、先にお伝えしておきます。

今まで、誰も連絡してこなかったのだから、誰からも来ないだろうと思っていた。

ところが数人が連絡をくれて、びっくりしたけど、懐かしくて嬉しかった。

不思議と「誰とも連絡をとりたくない病」は、コロナ感染時をピークにおさまってきているのが実感。

会社を辞めることで驚いて連絡をくれた人たちに、自分がコロナになっていることを告げると、たいてい会おうと言わないのも助かった。

でもでも、特に仲の良かった同僚達からの、連絡は一切なかった…。
そこは…複雑な心境。
会おう会おうと連発していた仲良しも、一切連絡来ず。
毎日一緒に通勤していた同僚からも…。
いまさら連絡がきたところで(連絡したところで)何も話すことはない。
お互いがそんな気持ちなんだろう。
そう思うと「自分の口が貝になる」そんな気持ち…。

仲良しの同僚からは連絡が来ない 不安

退職に向けた気持ちの変化(不安)

仲の良かった友達のことは(いつか連絡くれるだろう)そう考えていたが、もう考えても仕方ない。

学生時代の友達と違って、どんなに仲が良くても、社会で何らかの繋がりで仲良くなった友達というのは、社会での繋がりがなくなると切れてしまう。
それまでなんだな…。

とりあえず、前に進もう…。そう思うしかない。

病院に行けなくなる不安

退職したら保険証がなくなってしまうから、今のうちにおかしいところ話したい

コロナの後遺症を含む、体調不良は保険証がなくなってしまうことを想像すると、耳鼻科、整形外科、歯医者、皮膚科…いろいろ病院に行っておきたくなった。

クレジットカードが作れなくなる不安

無職になったら作れなくなる、クレジットカードをたくさんつくりたくなった。

そうやって一つ一つのアクションを起こすたびに思う。

「会社名・勤務先住所・勤務先電話番号・勤続年数」など、あと何回書けるんだろうと考え、胸にジーンとくる。さみしい、さみしすぎる。

社会的に信用がなくなる不安

社会的に信用がなくなる不安

保険証や会社の鍵や、会社からの貸与物を返却する準備。

これからは自腹で払うことになる保険料、年金、人間ドック…

今まで、どれだけ会社に守ってもらっていたんだろう。

明日から、私は無職のうつ病患者。

社会的に誰からも信用されない。

失った信用は大きすぎる。

退職日を迎えた後の初めての診察

退職日を迎えた後の初めての診察 不安

診察当日の朝1番に、役所へ。

役所の人が、すぐに保険証を作ってくれた。

まさかすぐ、その場で作ってくれるとは思わなかったので、嬉しい誤算だった。

自分を守ってくれるものができたような安心感。

いまは、他にもしないといけない事務処理がたくさんあって、うつ病患者だけどうつ病になりそうな不安。

さっそく、できたての保険証をもって、いつものメンタルクリニックへ行った。

どうですか

コロナになったので前回診察をキャンセルしています。
最近の状況は、スマホを見てください。

スマホを見せるだけで、先生と会話のキャッチボールをしなくていいので気が楽。

だからか、比較的、明るく話す自分。

実はコロナになってから薬を飲んでいないので、ほぼ1ヶ月分余っているが、伝えていない。

‪コロナに感染した時は、いろんな症状があったので、怖くて薬を飲めずにいたのだった。

今も後遺症があるので、飲み始めるタイミングを失っている。
多分そのせいで、不眠がもどっている。

でも、先生が傷病手当金請求書に記載したコメントをみると
『コロナに罹患し薬物療法一時中断のため症状悪化』って書いてあった。
ちゃんとわかってる、先生。

診察前に保険証も作れたし、診察の後に会社にメールしなくてもいいことを考えると、会社(社会)との接点が切れたことが、むしろスッキリとした気持ちにさえ感じれた。

読んで下さってありがとうございます。
良かったらポチっとしていただけると
はげみになります。

2 COMMENTS

ななころ

ななこさん、お久しぶりです。ななころです。

ここ最近、色んなことの立て続けで精神的にも身体的にも大変だったとお察しします。
記事を読んで前に向いている感じが読み取れて、ちょっと安心しました。
環境が変われば体調に良い変化が出るかもしれません。
お互い体調管理は続けましょうね。

またブログ拝見しにきます。

返信する
ななこ

ななころさん、コメントありがとうございます。
ほんとうに、うつ病患者にとって、この事務処理は応えます。
コロナになってみて、あらためて「うつ病患者」に対しての偏見を感じました。
こればっかりは仕方ないのでしょうか。
ちょっと、というか結構ショックでした。
確かに会社を退職すればうつ病は快方に向かうのかもしれませんが、経済的にいつまで社会補償がうけられるかの心配はつきませんね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です