うつと真面目は紙一重  『namatamago|なまたまご』はこちら

頑張りすぎるとうつになる?パラリンピックの水泳選手/池愛理さん

うつ病 池愛理 引退

twitterを開いて、胸が痛くなった。

パラリンピックの水泳で活躍されている21歳の女性「池愛理」さんが「うつ病」が原因で競技を引退されるという。

池愛理さんは、9歳の頃に患ったがんの後遺症で左足にまひが残ってしまい、障がい者手帳をもらったことがきっかけで、パラリンピックに参加するようになったという経緯をもった女性。 

 参照記事 「パラスポ+」

池愛理 うつ病 ほどほど

池愛理さんも私と同じだった「うつ病」は「ほどほど」ができない

なぜこのようになってしまったのか原因はありま す。もう本当に限界だったのにもっとできる、そ して、できないのは私がダメで弱いからだと責め ていました。何かを失敗したらまた自分を攻め、 逃げたくてもそれが負けだと思い、高いところを 見続けたからです。気づいた時にはもう私ではな く何もできない状態になっていました。

twitterより引用

痛いほど、よくわかります。

「できない」というのは自分の努力が足りないから。

「逃げるのは負け」だと思い、自分の限界を考えず壊れるまで頑張ってしまう。

そのまま限界を超えて壊れてしまった…。

それが「うつ病」です。

壊れてしまったから治るのも時間がかかります。

池愛理さんも「うつ病」になってから気づいた「もっと早く…」

池愛理 うつ病 頑張りすぎ

うつ病になった経験のある人は誰でも「早めに頑張ることをやめましょう」「早めに病院にいきましょう」というけれど…

池愛理さんも同じく、

「もっと早く逃げていればと後悔しています」とおっしゃっています。

どこまでも頑張ってしまうのが「うつ病」。

多少おかしいなって思っても「とことんやる」。

自分が破壊されるまで、「自分で自分を壊すまで」頑張ってしまう…。

そう思うと、まだ、気づかないで「自分が壊れるまで頑張り続けている人」ってたくさんいる気がします。

うつ病予備軍です…。

池愛理さんをみて客観視できた「逃げない」から「うつ」になる

池愛理 うつ病 もっと早く

私と同じように生きていて苦しい人に、届いて欲 しいと思い、全てを伝えさせていただきました。 前の私に伝えたいことは「嫌なことからは早く逃 げて、とても大切でも辛かったら捨てて、甘えで も負けではない」と言いたいです。1番辛いことで すが、いつか負のループから抜けれると信じて一 緒に生きましょう。

twitterより引用

「嫌なことから逃げて、大切でも捨てて、甘えでも負けでもない」とおっしゃっています。

ひどい言い方かもしれませんが、これは「壊れたから言えること」であって、「壊れたからやめられた」のです。

もっと言うと「壊れないと辞めることができなかった」と言えると思います。

池愛理さんはパラリンピックにも出場されて身内や周囲の期待もかなりのものだったと思います。

わたしが、仕事がつらくても壊れるまでやめられなかったのは…。

逃げたら負けだと思っていたから…。

パラリンピックとは次元が違いますが一庶民としてはこんなもの…です。

どうして壊れてからでないと言えないのか…

誤解を恐れず言ってしまうと…

壊れてしまえば、逃げたことにはならないから…。

だから、壊れるまで頑張ってしまう。

そう言えるのは私がそうだったから。

とどめに、もっとひどい言い方に聞こえるかもしれませんが、わざと壊れるほどに頑張ってしまうのです。

私がそうだったから…。

だからこそ、早く逃げた方がいいよっという忠告はうつ病になる人には響かないのです。

それどころか「うつ病」にならない人、にしか響かない言葉だと思っています。

私も実は「うつ病予防対策」として過去に記事を書いています。

関連記事  眠れない!夜になると目が覚める/過去の自分に言いたいうつ病対策

この記事を書いた時は、私も「どうしたらうつ病を予防できるだろう」と考えて過去の自分に向けて書いていました。

記事の中で「早めに心療内科を受診する」ように書いています。
ただ、それと同時に以下のことも書いています。

  • 上司に病院に行くようにすすめられたこと。
  • もし病気なら救われる気がしたこと。

池愛理さんの手記を読んで、客観的に自分を見ることができました。

彼女も良かれと思って、うつ病にならないように「うつ病予備群」の方に向けて書いていると思うのですが…

ただ自分が壊れるまで一心不乱に頑張っている、「うつ病予備軍」には響きにくい言葉かもしれません。

むしろ、「うつ病」にならない人、にしか響かない言葉だと気づきました。

最後に池愛理さんの手記で理解した「うつ病」になった後のこと

うつ病 池愛理 負のループ

1番辛いことで すが、いつか負のループから抜けれると信じて一 緒に生きましょう。

twitterより引用

関連記事  診断書を3回もらった後の治療方針

私の例で恐縮ですが、病院の先生からも変と言われている、このループ…

心の葛藤

転職したいわけではない、転職するくらいなら、今の会社が好き。

矢印

会社には戻りたくない、戻るのが怖い。

矢印

じゃぁ、どうするの?

これが「負のループ」だったんですね…。

「いつか負のループから抜けられると信じて一緒に生きましょう」

これしかないのかもしれないな…。ということがハッとした気づきでした。

私からも、この記事を読んで下さっている方に、言いたいです。

「いつか負のループから抜けられると信じて一緒に生きましょう」

読んで下さってありがとうございます。
良かったらポチっとしていただけると
はげみになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です