アイスコーヒーの保存期間は?作り置きしてどのくらい日持ちする?

    アイスコーヒーの保存期間は?作り置きしてどのくらい日持ちする?

    この記事は自宅でアイスコーヒーを作り置きしたら、どのくらい日持ちするのか、保存期間はどのくらいなのかについて調べました!

    先に結論を言うと、アイスコーヒーを作ってから2〜3日という回答ばかりでした。

    ところが、私が作り置きしたアイスコーヒーは、実際に1週間くらいかけて飲んでいるんです。

    美味しいアイスコーヒーを作ったはいいけど、いつまで日持ちするのか保存期間が気になる方は、この記事を参考にしてみて下さいね。

    目次

    作り置きしたアイスコーヒーの日持ちはどのくらい?保存期間は?

    作り置きしたアイスコーヒーの日持ちはどのくらい?保存期間は?

    おうちの冷蔵庫に、お気に入りの美味しいアイスコーヒーがあったら、嬉しいですよね〜。

    飲みたい時に、飲みたいだけ、自分好みのコーヒーが飲めるんですよ。

    ところで、作り置きしたアイスコーヒーはどのくらいまで劣化しないで飲めるのでしょうか。

    ということで、ここではまず実体験と主観だけで、こっそりお話ししますね。

    こっそりと言いながら、ちっともこっそりじゃないですが…(ーー;)

    • 私は1週間
    • 母はもっと長くて一ヶ月くらい(笑)

    えと、補償はしていませんよ、実体験を告白しているだけですから〜。

    マネする場合は自己責任でお願いしますね!

    いいわけさせて〜

    フォローになるかわかりませんが、「ウォータードリップで作ったアイスコーヒーの場合」です。
    フレンチプレスや、水出しポットで作った場合は3日位かな。
    理由は後でご説明しますね↓

    アイスコーヒーが劣化する原因の一つはコーヒーオイルが酸化すること

    アイスコーヒーが劣化する原因の一つはコーヒーオイルが酸化すること
    フレンチプレスなどの浸漬式抽出はコーヒーオイルが多く含まれる

    「そもそもコーヒーが劣化するってどういうこと?」と、疑問がわいてきたので調べました。

    ひとことでコーヒーの劣化といっても、「豆」の状態なのか「液体」なのかによっても話がかわってくるのでしょうが、ここでは割愛して「液体」になった状態(つまりコーヒー)の話です。

    結論コーヒーに含まれている脂質が酸化するとコーヒーが美味しくなくなります。

    つまりコーヒーの劣化は、コーヒーオイルが酸化して味が変わることです。

    もちろん、他にも劣化の要因はあるでしょうが、脂質が酸化するのは主な原因といえますね。

    ところで私は、アイスコーヒーの美味しい作り方を求めて「フレンチプレス・水出しポット・ウォータードリップ」の3種類の抽出方法で比較した結果、最終的にいまはウォータードリップを使ってアイスコーヒー液を抽出しています。

    そのことが書いてある記事はこちら。

    作り置きしたアイスコーヒーが長く飲めるのはウォータードリップだからという説

    作り置きしたアイスコーヒーが長く飲めるのはウォータードリップだからという説
    ウォータードリップで入れたコーヒーの透明感!不純物がない証拠!

    すみません「ウォータードリップは保存期間が長く飲める」と勝手に思っていることを勝手に「説」にしてみました!

    滴下式のウォータードリップには、浸漬式のフレンチプレスや水出しポットには無い3つのメリットがあるんです。

    ウォータードリップで作るメリット
    1. 加熱による酸化を防げる
    2. コーヒー豆の粉などの不純物が少ないので劣化が防げる
    3. コーヒーオイルがないので脂質が酸化するのを大幅に防げる

    コーヒーオイルが完全にないわけではないと思いますが…比較の問題でかなり少ないと言う意味です。

    ウォータードリップで作るとコーヒーオイルとコーヒー豆の粉などの沈殿物がなくて、クリアな透明←(頭痛が痛いみたいw)なコーヒー液ができるんです!

    経験上、水出ししたコーヒーはどの抽出方法でも一晩寝かせた方が美味しくなるので、一日置いてから飲みます。

    わりといつまでも劣化を感じることなく美味しいのはウォータードリップで作ったアイスコーヒーです。

    むしろ何日か置いておくことでコクが出るかも?と感じるくらいです。

    私は、ウォータードリップで作ったアイスコーヒーは、他の抽出方法で作ったアイスコーヒーより、保存期間長めに飲めるという実感です。

    保存期間を気にしない母のおかげで?安心して作り置き!

    保存期間を気にしない母のおかげで?安心して作り置き!

    これを教えてくれたのは、何も気にしていない母です(笑)

    母はコーヒーが大好きで私が突き詰めたコーヒーの味を気に入ってくれていたので、家に帰るたびにペットボトルに入れて持って帰えっていたんです。

    ある日、実家の冷蔵庫を開けたら、私が1ヶ月前に作ったアイスコーヒーが入っていたんです!

    そこで、まだずっと飲んでいるということが発覚したんです。

    「全然変わらず美味しいのよ」と申しておりました。

    それで、私も恐る恐る…、さすがに1ヶ月はちょっと勇気出ませんが1週間ならイケました!

    というか、それからは1週間くらいで飲み切る感じにして、いつも美味しく飲んでいますよ〜。

    ちなみに、1ヶ月たったアイスコーヒーを平気で飲む母は胃腸が丈夫です(笑)

    アイスコーヒーが酸化するとどんな味になる?酸味との違いは?

    アイスコーヒーが酸化するとどんな味になる?酸味との違いは?

    コーヒーが酸化すると以下のような味になるといわれています。

    酸化したコーヒーの味とは?
    • 酸味が増す
    • 後味が悪い
    • 舌や喉に不快感が残る

    とはいえ、そもそも酸味のあるコーヒー豆もあるので、本来の良い酸味と劣化した酸化の違いはどうやって区別するの???難しいですよね!

    結論は… ↓ ↓ ↓

    ふだん、劣化していないと思われる酸味のあるコーヒーを飲んでおく!

    私は酸味のあるコーヒーが苦手なのですが、ちゃんとした酸味のあるコーヒーを飲んでみようと思いました!

    こうやって色々調べていると、どうやら自分の周りには「すでの劣化した酸味のあるコーヒー豆」ばかり、出回っているような気がしています。

    突き詰めると、コーヒー豆の焙煎屋さんで、すぐに飲む分の豆だけを、マメに買うのが一番いいんですって!

    豆だけにマメに、すぐ飲む分だけ買うのが一番いいらしい。

    私は、高そうだし、めんどうなので、ちょっと、そこまでする気にはなれません。

    作り置きしたアイスコーヒーの保存期間はウォータードリップなら1週間くらい日持ちする

    作り置きしたアイスコーヒーの保存期間はウォータードリップなら1週間くらい日持ちすると私は思う。

    誰か反論してくるかなぁ…ドキドキ!

    まとめ

    滴下式のウォータードリップコーヒーサーバーで作ったアイスコーヒーは、浸漬式フレンチプレスや水出しポットで作るアイスコーヒーよりも不純物が少ないから長持ちする!!
    実際に、私は自分が作り置きしたアイスコーヒーを1週間くらいで飲み切るようにしています。
    問題なく美味しいです!

    以上が私の結論です。

    保存期間を気にする必要なく、飲みたい時にすぐできるカプセル式のアイスコーヒーです。

    • URLをコピーしました!
    目次
    上へ戻る
    目次
    閉じる