うつと真面目は紙一重  『namatamago|なまたまご』はこちら

元気で明るいうつ病患者ってマジで?それってただの仮病でしょ!

元気で明るいうつ病患者ってマジで?それってただの仮病でしょ!

ねぇ、ねぇ、聞いてよ!

いつも元気で明るい友達が、うつ病になって休んでるんだよ。

そのくせ海外旅行に行ったりして遊んでるの。

それってただの仮病でしょ。

いい加減にして欲しいよ~。

この記事を読むことで

明るい「うつ病」が理解できるようになります。

また、うつ病で学校や仕事を休みながら、遊んでいるように見える人が、

なぜそうしているのかがわかります。

うつ病でも元気明るい理由

お母さんと女の子が仲良く抱き合っている

私は中学2年で父を癌で亡くしました。

父の看護中、多感な中学時代は生活保護を受けていたんです。

ある日の放課後、河原で遊んでいると…

クラスの男の子たちが自転車で私のそばを通り過ぎる時に、「おまえんち生活保護~」とバカにしながら石を投げるんです。

悔しかった…。

だから学校に行くのが、ものすごく嫌でした。

けれど、介護をしている母だってつらかったんです。

私は母に心配をかけないように、元気明るく振舞って、辛くても毎日学校に行っていんですね。

そうやって自分をごまかして見せることに、いつの間にか慣れてしまった。


ただ、自分が弱音を吐けずに無理していたので、不登校の子に対して好意的にみることができなくなっていた。

心に余裕がない私は 「引きこもり」や「うつ病」で学校を休んでいる子は、

怠けているようにしか思えず、否定的に見ていました。

自分を抑制すると気持ちに余裕がなくなる

自分に厳しく生きてきたつもりでいた私は、

きっと誰よりも、うつ病に関して批判的に見る人間になっていた。


「うつ病」=「甘え」と決め込み、理解する気持ちはまったくなかった。

「適当」ができない=故障しないと止まらない

ガソリンがなくなって一滴たれた

精神的にゆとりがないせいなのか「てきとう」ということが理解できないんです。


かといって「仕事が丁寧とか完璧にできる」とか、そいういうことではなく、

ただ、がむしゃらに目の前のことに対処しようとしてしまう。



壊れた電化製品、 まるで自分の体を壊したいかのように…

うつ病は甘え病だと決めつけていた私は、まさか自分がうつ病になるなんて考えてもみなかった。

元気で明るい私のキャラクターしか知らない周りの人は、

私がうつ病になったなんて信じられなくても当然かもしれない。

それだけ、私は仮面をかぶっていたということになるのかな…。

そんなつもりはなかったけど…

元気で明るい
うつ病になって休職したおかげて「今の仕事がすべてではない」ということに気づくことができた。

ストップすることができたんです。

だけど…。

気づくと私は、いまも医者の前でも元気にしてしまっているんですよね…。

医者にも勘違いされ…それがまた自分を追い込んでしまう…

最近はそのことが不安になっています。

先生は私が元気だと思って外に出るように何度も言います。

家から出たくないのに、どうしたらいいんだろう…。

後日談ですが、先生はわざと外出するように言うことで、

私がどの程度外出可能かどうかを探っていたようです。


「外出したくなければ、したくない」と言って正解でした。


当時は責められているような気がしてさらに落ち込みましたが…。

【うつ病】先生に外に出て遊ぶように言われる

うつ病の人は頑張りすぎるところがあります。

まるで自分の弱さを元気を振りまくことで隠します。

なので人前でも、頑張って明るいです。

時には自虐的なほどまでに明るく振舞ってしまう…。

うつ病に対するイメージが陰気で暗い性格を想像してしまうと思うのですが、

そのイメージからはかけ離れているため、なかなか理解されません。

うつ病の遊びは治療になる

うつ病の治療には外に出ていくことを求められます。

うつ病の治療で先生に言われること
  • 散歩をしましょう
  • ジムに行きましょう
  • 旅行に行きましょう
  • 遊びに行きましょう
  • ゆっくり休みましょう
  • たくさん寝ましょう
  • 日光浴しましょう

など、医者は「え?休職中にそんなことしていいの?」というようなことを言います。

治療の初めのころは、こんなことを先生に言われると、

うそをついていないかチェックされているようで不安になったものです。


後日わかったことですが、治療の一環だそうです。

友達のうつ病が信じられなく思える理由

明るく見せているうつ病もある

治療の一環で外に出て遊ぶように言われる

うつ病とは非常に周囲から誤解される病気ですね。

うつ病 散歩

元気で明るい過去の自分に伝えたい

  • 適当ができずにとことん頑張ってしまう人は気をつけて


  • 明るくみえてもそれは見た目だけ


  • 自分で明るく振舞ってしまう人は自分をごまかさないこと


  • セロトニンをつくるように日に当たろう


  • 出来るなら軽い運動は良いらしい(ヨガ、ジム、散歩、ジョギング)

わかっていれば、いま、苦しまずに済んだ…。

そう思います、それができないのが人間なんですけどね…。

うつ病 遊び

読んで下さってありがとうございます。
良かったらポチっとしていただけると
はげみになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です