うつと真面目は紙一重  『namatamago|なまたまご』はこちら

【短編】承認欲求はキリがない

承認欲求にはキリがない

承認欲求はキリがない

親や、上司に認めてもらうことが嬉しくて

深夜まで仕事、土日も仕事で営業成績は毎月トップクラス

今思うと承認欲求を満たしたい一心で仕事をしていた

むしろ自信がないからこそ承認を求めていた

承認欲求がないと生き続けることができないかのように…

本当の幸せは、承認欲求から自立したところにあるとやっと気づいた

承認欲求はキリがない

解説 

関連記事 【うつ病克服への仮説】自己体験から承認欲求が原因かと思う

承認欲求とは自分に自信がないから(自己肯定感が低いから)人に承認してもらうことで、価値ある存在として認めて欲しい欲求のこと。

なぜ、承認欲求があると幸せになれないのか

人は認めてもらったとしても、それで満足することはない。

死ぬまで承認を求めつ続けて生きていくことになってしまう。

死ぬまで、人に認めてもらうための生き方は、結果的に人の為に生きることになるので、自分の幸せは、そこにはない。

人が自分を承認してくれるかどうかの保証はない

他者が自分を承認してくれるかどうかの保証はない、だから気にしていても疲れ果ててしまう。

自分に置き換えて考えて見る→「自分は人を承認できるのか」

自分が承認できないのに、人に自分の承認を求めるのは自分勝手というもの。

自分ができないことを人に求めるべきではない。

人が自分を承認してくれるかどうかはその人が決める事なのです。

それについていろいろ考えても消耗してしまうだけ。

自分でどうすることもできないことを、悩んでもしかたない。

むしろ心が病んでしまい、うつになったりしてしまいます。

関連記事 【短編】ニーバーの祈り

今回のこの記事と、近ごろの私の心理分析による考え方は、アドラーによる考えが基本となっています。

アドラーを読むことでスッキリと理解が深まりました。

この2冊はわたしの掛け替えのない基本となっているのでご紹介します。

アダルトチルドレンに悩む方に読んでいただきたく、強くお勧めします。

どちらも人生が変わる本です。

「幸せになる勇気」は毒親で悩んでいる方、子供がいる方、教育者の方にも、かなりおすすめ、教育の概念が変わります。

自分的にはオーディブルをおすすめします。


・難しい本を音声だけで理解できる。
・本を読むとすぐ寝てしまう方に最適。
・何度も聴けるしブックマークも簡単。
・移動中にも聴ける、ながらで聴ける
・一冊無料で手に入る

私はオーディブルで2冊とも聴いています。

本当におすすめです。

ボクは1冊無料だからオーディブルにする ♪

\最初の1冊は無料/

/ 1冊もらって解約すればお金は一切かかりません \

関連記事 Amazonの本をお得に買う方法

読んで下さってありがとうございます。
良かったらポチっとしていただけると
はげみになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です